お金を助けてくれる人

お金を助けてくれる人
婚活してみて分かったんだけど、やっぱり人はお金を助けてくれる人になびくということ・・・かな?
もう35なんですよ、私。コロナ前から婚活はしてたんですが、女は30過ぎるとぱたっとモテなくなるんですよね。
最初の頃は、アプリで相手探ししてたんです。そこそこ年齢も見た目も年収も・・・ほんと、そこそこの相手って見つかってたんですよね。
だけど、イマイチ、決め手に欠けるんです。
それで、とっかえひっかえ・・・えり好みしてたら、どんどん結婚から遠ざかって行ってしまって(笑)
そこにコロナがきて、私も婚活を中断したんですよね。
だって、会えないじゃないですか。直に会ってみないと分からないのが婚活ですからねー。
無駄にラインでやり取りしてても、会って一発でムリ!ってなっちゃうケースの方が多かったので。
結局、私が最終的に候補として考えてるのは、お金を助けてくれる人、でしたね。
複数の人とコロナの中でオンラインでやり取り続けてたんです。
その中で、私も収入が減るし、どんどん金銭的にも精神的にも余裕がなくなって行って・・・
そんな中、一人の男性が「お金、援助しましょうか?」って申し出てくれたんですよね。
今までそんなこと言われたことなかったので抵抗感あったんですけど・・・
別にお金を助けてくれる人を探すほど困ってない!って最初は思いました。
だけど、コロナが進むにつれて、どんどんお金に関してみんなシビアになって行くのが肌で感じられてきたんです。
そこに「お金を援助しますよ」と申し出てくれた人って、ものすごく「いい人」なんじゃないかって気がしてきたんですよね。
お金くれるおじさん
お金をくれる人を募集する
お金を貢いでくれる人

ゲイサポ掲示板

ゲイサポ掲示板ってのがあるんだよ。援助交際の男と女を男と男に変えたやつだよね。
聞くところによると、募集している男はだいたいはノンケらしい。汗水たらして工事現場で砂利を運ぶか、ゲイのおじさんのちんこ咥えるかどっちがいい?と聞かれたら、そりゃおじさんのちんこでしょ?ノンケがそんな掲示板に集まってくる理由としては楽して儲けられる理由しかないよね。
もちろん、同性のちんこ咥えることに抵抗ある男も多いと思うよ。でも、考えてみ?女のクリトリスは舐めるのに男のちんこは舐められないっておかしくない?どっちも似たようなものでしょ。それに不潔さで言えば洗いやすいちんこよりも奧に入り込んでいるまんこの方が圧倒的にクサいよ。よくあんなもん舐められると思うわ、うげー。もっとも、クサいまんこでも好きな人のだったら受け入れられるんだろうけどさ。
ゲイサポ掲示板の話からちょっと逸れるけど、マッチングアプリでいわゆるワンナイトラブはしたことあるんだよ。会ったばかりのよく知らない相手だけど、シックスナインはやったよ。もちろんクサかったけどお互いにセックスモードに入ったら、相手をイカせることが目的なんだから、目的の前には匂いなんて関係ないんだよ。ま、自分がマッチングアプリのそういう出会いを止めちゃったのは、何だか満たされなさがあったんだよね。
男のサポートをするノンケは売り専だから無料で出会えない
話は戻ってゲイサポのノンケも同じ感じだと思うんだよ。男が男を・・・と言う倫理観があるのも確かだけど、需要があるんだからさ。需要に対して供給はあってしかるべきだし、倫理に捉われて需要を無視したら世界経済は破綻するよ。ゲイサポ掲示板と世界経済を一緒にするのもアレだけど、それでノンケに満たしてもらいたいゲイと、お金に困っているノンケがいて調和がとれているんだから、外野からあれこれ言うのは間違いだと思うな。まあ、私にとっては無縁な世界ではあるけどね。
と言うわけで、ゲイサポ掲示板があるんだから、レズサポ掲示板ってないかしら?何か、男相手だと満たされないんだよ。まんこきちんと洗っておくから、ノンケのお姉さん、クリ舐めに来ておくれ―!
電話エッチ掲示板
オナ電掲示板